東京の栄養士専門学校ランキング≪口コミ・評判≫
東京の栄養士専門学校ランキング > 栄養士コラム > 食品開発の仕事に有利な資格とは?

食品開発の仕事に有利な資格とは?


ランキングはこちら

特に食品開発に資格は不要

食品開発の仕事に就きたいと希望する場合、どのような資格が必要なのか気になるところです。
実際のところ、食品開発に関わる仕事において必ず持っていなければ資格はなく、一般的に大学や短大、専門学校などの卒業と同時に食品メーカーに就職し食品開発の仕事に携わることとなります。
進学先の学部、学科選びにおいては、栄養、食品、農業、水産、バイオテクノロジー関係などを選ぶこととなります。
なかにか、薬学部を経て食品開発の仕事に就く人もいます。

食品開発の仕事において持っておくと良い資格とは?

食品開発の仕事において、必ず持っておかなければいけない資格はないものの持ってくと安心な資格はたくさんあります。
まずは、栄養士や管理栄養士です。
どちらも食に関するスペシャリストの資格となり、食品開発を行う上で必要な知識を持つ資格になることは間違いありません。
栄養士の場合は、大学や短大、専門学校で栄養士養成科目を履修すると卒業時に取得することが可能ですが、管理栄養士の場合は国家試験に合格する必要があります。
そのため、より専門的な知識を持つ資格となり、食品開発に役立てることができる資格です。
そのほか、食品の製造・加工を衛生的に管理するために必要な国家資格となる食品衛生責任者や調理の業務に従事することができる国家資格となる調理師、野菜ソムリエやフードアナリストなども持っておくといいかと思われます。

まとめ

必ずしも持っておかなければいけない資格はないものの、持っておくことで食品開発に生かすことができる有利な資格はたくさんあります。
そのため、食品開発の仕事を希望する場合は、これらの資格取得が可能な学校に進学するといったことも必要です。
特に栄養士の場合は必ず大学や短大、専門学校で栄養士養成科目を履修する必要があります。
あとから取得することが難しい資格となるため、進学する際には慎重に選択する必要があります。


通信講座で『調理師の資格を取得』できるって知ってました?

ユーキャンの調理師資格取得講座

【お届けする教材】
メインテキスト:6冊
副教材:パワーアップ問題集、食中毒早覚えシート、ガイドブック、添削関係書類、その他
内容・仕様は変更になる場合があります。
添削:あり 4回(模擬試験1回を含む)
質問:あり(1日3問までとさせていただきます)
標準学習期間:6ヵ月(受講開始から12ヵ月まで指導します)

一括払い 44,000円
合格率は約60%!
テキスト学習を中心に、わずか6ヵ月で合格を目指せるカリキュラム。
スキマ時間の上手な活用が合格への近道です!

受験資格には『2年以上の調理業務経験』が必要ですが、パートやアルバイトの 方でも週4日以上かつ1日6時間以上勤務していればOK!

また、過去に働いていた飲食店の実務経験を『合算して2年以上』であれば問題ありません!

トップページへ

カテゴリ

栄養士の専門学校について

栄養士コラム

卒業後の就職先

口コミ・評判

運営者情報 お問い合せ サイトマップ