東京の栄養士専門学校ランキング≪口コミ・評判≫
東京の栄養士専門学校ランキング > 栄養士コラム > 食品に含まれるたんぱく加水分解物って何なの?

食品に含まれるたんぱく加水分解物って何なの?


ランキングはこちら

スーパーなどで購入する食品には裏面に原材料名が表示されています。
その中で「たんぱく加水分解物」という成分が含まれている食品がたくさんあります。

このたんぱく加水分解物とは何のことでしょうか?
ここではたんぱく加水分解物についてまとめてみましょう。

たんぱく加水分解物とは?

たんぱく加水分解物とはたんぱく質を含んだ原料を酵素、塩酸もしくは熱水を用いて加水分解したものになります。
主成分はペプチド、アミノ酸になります。

たんぱく加水分解物の分類は、原料による分類方法と製造法による分類方法があります。
原料による分類では、動物性と植物性に分けることができます。

動物性たんぱく加水分解物は肉や魚などの動物たんぱく質を原料としたもので、植物性たんぱく加水分解物は小麦や大豆などの植物たんぱく質を原料としたものになります。

製造方法による分類では、熱水分解と酸分解と酵素分解に分けることができます。

熱水分解たんぱく加水分解物では、熱水でたんぱく質を分解するたんぱく加水分解物です。

家庭でかつお節からだしを取っている場合、そのだしもたんぱく加水分解物と言えるのです。

酸分解たんぱく加水分解物は熱水で分解するよりも短時間に分解できる方法であり、酸(塩酸)を加えることで分解させたたんぱく加水分解物のことです。

酵素分解たんぱく加水分解物は、主に微生物が作る酵素の力を利用して、短時間でたんぱく質を分解させたたんぱく加水分解物になります。

たんぱく加水分解物ってどんな味?危険性は?

たんぱく加水分解物と聞いてもどんな味がイメージがつく人は少ないでしょう。

たんぱく加水分解物は色々なアミノ酸やペプチドが混合しているので、複雑な味がします。

うまみ成分のグルタミン酸が多く含まれているので、うま味とコクが含まれています。

危険性に関しては心配する方が多いですが、少量のクロロプロパノール類を生成する可能性はあるものの、ごく微量なので国際規格を満たしたたんぱく加水分解物であれば健康への影響はありません

織田栄養専門学校の即戦力になれる授業がすごい

織田栄養専門学校では、実践力重視のカリキュラム、充実した設備と環境、きめ細やかな学習サポート体制を整えてくれています

サポート授業では苦手科目を克服できるので就職時には即戦力になれること間違いなしです。

織田栄養専門学校のオープンキャンパスは何度でも参加OKなので、納得いくまで体験可能となっているので、本気で栄養士を目指す方は一度参加することをおすすめします。


通信講座で『調理師の資格を取得』できるって知ってました?

ユーキャンの調理師資格取得講座

【お届けする教材】
メインテキスト:6冊
副教材:パワーアップ問題集、食中毒早覚えシート、ガイドブック、添削関係書類、その他
内容・仕様は変更になる場合があります。
添削:あり 4回(模擬試験1回を含む)
質問:あり(1日3問までとさせていただきます)
標準学習期間:6ヵ月(受講開始から12ヵ月まで指導します)

一括払い 44,000円
合格率は約60%!
テキスト学習を中心に、わずか6ヵ月で合格を目指せるカリキュラム。
スキマ時間の上手な活用が合格への近道です!

受験資格には『2年以上の調理業務経験』が必要ですが、パートやアルバイトの 方でも週4日以上かつ1日6時間以上勤務していればOK!

また、過去に働いていた飲食店の実務経験を『合算して2年以上』であれば問題ありません!

トップページへ

カテゴリ

栄養士の専門学校について

栄養士コラム

卒業後の就職先

口コミ・評判

運営者情報 お問い合せ サイトマップ