東京の栄養士専門学校ランキング≪口コミ・評判≫

臨床栄養学とは?


ランキングはこちら

臨床栄養学とは?

臨床栄養学は、いろいろな病気や病態の原因、それらの進展や治療、治癒に対する栄養学の関りやどのような栄養両方を適用すると最も良いのかを追求した学問で、さまざまな疾病の予防や改善に貢献するものです。

栄養学の他にも疾患や病態に関する十分な知識を習得する必要があり、常に新しい情報や知識が必要になるとも言われています。

栄養学が関係する疾患は、常に病態の診断を的確に行う必要があり、十分な知識が必要です。

生体の栄養状態に最も適した栄養療法を考えて選択し、実行することが重要なので、総合的に医療と栄養との関係を密接なものと裏付ける学問といっても良いものがあります。

栄養学は栄養士、管理栄養士として働くため以外に、栄養の偏りによる疾病の発病や、悪化、予備軍なども未然に予防または改善することを考えなくてはいけません。

そのため毎日卵を食べているから大丈夫、納豆を食べているから大丈夫、そういった個人の思い込みなどはすべて捨てる方が良いと言えるところもあります。

栄養学の歴史って?

栄養学の歴史は古く栄養学から臨床栄養学が発展したのか、臨床栄養学から栄養学が発展したのかは、明確にされていないため、ハッキリしたことはわかりません。

ですが、ビタミンが不足することで発病するビタミン欠乏症は、その治療過程でビタミンが発見されるなど、臨床実験とは切っても切れない縁があります。

ミネラルも同様で、病気の治療の研究から発見された経緯があります。

今後も何らかの病気の治癒まではいかなくても、予防や改善のための栄養素が見つかる可能性が高く、それが何なのかはわからないだけに、未知数の可能性を秘めていると言えます。

栄養学は、ひと口に言えば毎日の食生活に関係するものですが、非常に奥深く、多くのシーン、多角的に見ることもできる内容が豊富で、医療、健康、それらの維持、予防、改善に役立つものとして多くの方から注目されているものです。


通信講座で『調理師の資格を取得』できるって知ってました?

ユーキャンの調理師資格取得講座

【お届けする教材】
メインテキスト:6冊
副教材:パワーアップ問題集、食中毒早覚えシート、ガイドブック、添削関係書類、その他
内容・仕様は変更になる場合があります。
添削:あり 4回(模擬試験1回を含む)
質問:あり(1日3問までとさせていただきます)
標準学習期間:6ヵ月(受講開始から12ヵ月まで指導します)

一括払い 44,000円
合格率は約60%!
テキスト学習を中心に、わずか6ヵ月で合格を目指せるカリキュラム。
スキマ時間の上手な活用が合格への近道です!

受験資格には『2年以上の調理業務経験』が必要ですが、パートやアルバイトの 方でも週4日以上かつ1日6時間以上勤務していればOK!

また、過去に働いていた飲食店の実務経験を『合算して2年以上』であれば問題ありません!

トップページへ

カテゴリ

栄養士の専門学校について

栄養士コラム

卒業後の就職先

口コミ・評判

運営者情報 お問い合せ サイトマップ