東京の栄養士専門学校ランキング≪口コミ・評判≫

栄養教育論とは?


ランキングはこちら

栄養教育論とは?

栄養教育論は、健康の維持、増進、病気の予防、病気の改善に関する専門知識のことで、日常生活または、しかるべき施設の調理場などで実践することで、大きな効果を発揮する専門知識です。
栄養教育論だけを習得しても、説いている内容が実際に役立つことは少なく、生活習慣の改善も必要になることが多々あります。

栄養教育論をベースに健康の維持、増進、病気の予防や改善などを期待するなら、それに準じた生活習慣の改善が、どうしても必要になり、それらの取り組み方も指導しています。
単純に言えば、肥満予防のためには、栄養バランスの良い食事を適切に摂取することが必要で、適度な運動を行い、夜間には暴飲暴食をしないで、なるべく食べないで早く休むなどの工夫も必要です。

夜間に爆発的に食べたり、頻繁に暴飲暴食をして、日中はそのバランスを取るようにほとんど食べないようでは、体が健康な状態とは言えません。
むしろ体そのものに無理が生じてしまい、体調を崩すことや、自律神経が乱れるなどの、何らかの生活習慣病を招くこともあります。

栄養教育論とは、こうした基礎的かつ専門的な栄養についての勉強もできますが、現代人に必要な生活習慣についても、わかりやすく説いている教育論だといえます。

どんなシーンで栄養教育論が必要になるのか

栄養教育論は、一般的に、栄養士になるための専門知識として学びますが、管理栄養士の国家試験のガイドラインに沿う内容として知られるものです。
専門的な知識のため、関連する情報もすべて、習得する必要があり、多くの職場、家庭、食が関係する場所で役立つものです。

日本では、栄養教育論が単なる理論として学ぶものではなく、日常生活に取り入れるべき事柄として認識されるように、専門的な知識として指導しています。
管理栄養士になるために必要な科目であることも踏まえ、実践的な知識として活用できるように、学ぶものだと言えます。


通信講座で『調理師の資格を取得』できるって知ってました?

ユーキャンの調理師資格取得講座

【お届けする教材】
メインテキスト:6冊
副教材:パワーアップ問題集、食中毒早覚えシート、ガイドブック、添削関係書類、その他
内容・仕様は変更になる場合があります。
添削:あり 4回(模擬試験1回を含む)
質問:あり(1日3問までとさせていただきます)
標準学習期間:6ヵ月(受講開始から12ヵ月まで指導します)

一括払い 44,000円
合格率は約60%!
テキスト学習を中心に、わずか6ヵ月で合格を目指せるカリキュラム。
スキマ時間の上手な活用が合格への近道です!

受験資格には『2年以上の調理業務経験』が必要ですが、パートやアルバイトの 方でも週4日以上かつ1日6時間以上勤務していればOK!

また、過去に働いていた飲食店の実務経験を『合算して2年以上』であれば問題ありません!

トップページへ

カテゴリ

栄養士の専門学校について

栄養士コラム

卒業後の就職先

口コミ・評判

運営者情報 お問い合せ サイトマップ