東京の栄養士専門学校ランキング≪口コミ・評判≫
東京の栄養士専門学校ランキング > 栄養士コラム > 栄養士に関する海外留学・短期留学・ワーキングホリデーなど

栄養士に関する海外留学・短期留学・ワーキングホリデーなど


ランキングはこちら

栄養士になる為には

最近は健康的な食生活を送ることが健康でハリのある生活を生み出すということで栄養バランスを考えた食事をする方が増えています。
学校や役所など公共の施設や、大企業の社員食堂などでも栄養のバランスが常に考えられた食事が提供されています。

バランスのいい食事の提供には食の専門家である栄養士・管理栄養士の存在が不可欠です。
栄養士・管理栄養士は食材の選択から食事メニューの作成、栄養素の計算など食事に関する管理をする大切な仕事です。

ダイエットやヘルシーな食事に対する意識の高い近年は栄養士・管理栄養士の存在がより一層クローズアップされています。
栄養士・管理栄養士になる為にはまず、資格を取得する必要があります。

資格取得には栄養士の養成を目的として厚労省から認可された学校に入学し必要な課程を修了しなければなりません。
期間は2年から4年で栄養士の資格を取得後3年以上の実務経験が必要になります。

栄養士の資格を取得した方の中には海外に留学して更に経験と知識を高めようと考える方も多いようです。

栄養士の海外留学・短期留学・ワーキングホリデー体験談

食生活に関しては日本国内でも地域によって食のスタイルが若干違っているところがあります。
海外では国内以上に食文化そのものが違う為、日本人の食に対する考え方とは異なることがたくさんあります。

近年は海外からの日本に訪れる方も増え、留学生として長期間滞在する方もおられます。
栄養士・管理栄養士として活躍されている方は、海外留学・短期留学・ワーキングホリデーを活用して海外の食文化を学びスキルアップを図っています。

カナダに栄養学を学ぶ為に留学された方の体験談を少し紹介致します。
カナダは同じ北米でも気候の関係から隣国のアメリカとはまた食文化に違いがあります。

この方の場合は留学中にアメリカにも赴き、アメリカとカナダの食文化を同時に学んで来られました。
日本における食の欧米化と実際の欧米の食生活の違いを実体験できる良い機会だったと話されていました。

国際交流センターや調理師の養成施設で定期的に海外留学・ワーキングホリデーの案内がされていますので興味を持たれた方は参加してきてはいかがですか。


通信講座で『調理師の資格を取得』できるって知ってました?

ユーキャンの調理師資格取得講座

【お届けする教材】
メインテキスト:6冊
副教材:パワーアップ問題集、食中毒早覚えシート、ガイドブック、添削関係書類、その他
内容・仕様は変更になる場合があります。
添削:あり 4回(模擬試験1回を含む)
質問:あり(1日3問までとさせていただきます)
標準学習期間:6ヵ月(受講開始から12ヵ月まで指導します)

一括払い 44,000円
合格率は約60%!
テキスト学習を中心に、わずか6ヵ月で合格を目指せるカリキュラム。
スキマ時間の上手な活用が合格への近道です!

受験資格には『2年以上の調理業務経験』が必要ですが、パートやアルバイトの 方でも週4日以上かつ1日6時間以上勤務していればOK!

また、過去に働いていた飲食店の実務経験を『合算して2年以上』であれば問題ありません!

トップページへ

カテゴリ

栄養士の専門学校について

栄養士コラム

卒業後の就職先

口コミ・評判

運営者情報 お問い合せ サイトマップ