東京の栄養士専門学校ランキング≪口コミ・評判≫
東京の栄養士専門学校ランキング > 栄養士コラム > 早く栄養士として働きたいなら短大がおすすめ!

早く栄養士として働きたいなら短大がおすすめ!


ランキングはこちら

栄養士になるためには

栄養士になるためには必ず栄養士養成施設を卒業する必要があります。
栄養士養成施設は主に4年制大学、短大、専門学校があります。
一般教養や栄養に関して幅広く学びたいと思う場合は4年制大学へ。
反対に少しでも早く栄養士として働きたい場合は短大や専門学校への進学がおすすめです。

栄養士になるために短大がおすすめの理由

栄養士になるためには、大学、短大、専門学校の3つの中から選ぶことができる中、なぜ、短大がおすすめなのでしょうか。
その理由は、4年制大学とは異なり、その半分の2年で卒業し栄養士として働くことができる点となります。
その分、学費も抑えることができ、1年間の大学、短大に必要な学費、100万円から130万円程度を2年分で済ませることが可能となります。
そのうえで、短大の場合、大学同様に一般教養も学ぶことができます。
栄養士としてスキルを磨くことも大切ですが、やはり、社会に出て働く際、一般教養は無駄にはなりません。
また、人間性などの教養に重点を置いている短大も多く、栄養士以外の学びの場も整えられている点が短大の大きな魅力となります。
もちろん、同じ2年で就職可能な専門学校も魅力的な学校です。
しかし、専門学校の場合、一般教養はなく、どちらかと言えば、実践的なカリキュラムとなっています。
そのほうが、就職した際、即戦力として働くことができるとも考えられ、専門学校は専門学校の魅力があることも間違いありません。

まとめ

より深く学びたい、学生生活を謳歌したい人は大学へ。
より専門的な知識を取得したい、最短で栄養士となり働きたい、実習を多く行いたい、などといった人は専門学校へ。
そして、その中間が希望という人は、是非、短大への進学を検討されてみてはいかがでしょうか。
短大の場合、栄養士だけではなく、様々な学科も用意されており、それらの学科の学生ともコミュニケーションをとることができ人脈を広げることも可能です。
そして、それらの人脈は、きっと、栄養士として社会に出たとき、助けとなる人々になること思います。


通信講座で『調理師の資格を取得』できるって知ってました?

ユーキャンの調理師資格取得講座

【お届けする教材】
メインテキスト:6冊
副教材:パワーアップ問題集、食中毒早覚えシート、ガイドブック、添削関係書類、その他
内容・仕様は変更になる場合があります。
添削:あり 4回(模擬試験1回を含む)
質問:あり(1日3問までとさせていただきます)
標準学習期間:6ヵ月(受講開始から12ヵ月まで指導します)

一括払い 44,000円
合格率は約60%!
テキスト学習を中心に、わずか6ヵ月で合格を目指せるカリキュラム。
スキマ時間の上手な活用が合格への近道です!

受験資格には『2年以上の調理業務経験』が必要ですが、パートやアルバイトの 方でも週4日以上かつ1日6時間以上勤務していればOK!

また、過去に働いていた飲食店の実務経験を『合算して2年以上』であれば問題ありません!

トップページへ

カテゴリ

栄養士の専門学校について

栄養士コラム

卒業後の就職先

口コミ・評判

運営者情報 お問い合せ サイトマップ