東京の栄養士専門学校ランキング≪口コミ・評判≫
東京の栄養士専門学校ランキング > 栄養士コラム > 早く栄養士として働きたいなら短大がおすすめ!

早く栄養士として働きたいなら短大がおすすめ!


ランキングはこちら

栄養士になるためには

栄養士になるためには必ず栄養士養成施設を卒業する必要があります。
栄養士養成施設は主に4年制大学、短大、専門学校があります。
一般教養や栄養に関して幅広く学びたいと思う場合は4年制大学へ。
反対に少しでも早く栄養士として働きたい場合は短大や専門学校への進学がおすすめです。

栄養士になるために短大がおすすめの理由

栄養士になるためには、大学、短大、専門学校の3つの中から選ぶことができる中、なぜ、短大がおすすめなのでしょうか。
その理由は、4年制大学とは異なり、その半分の2年で卒業し栄養士として働くことができる点となります。
その分、学費も抑えることができ、1年間の大学、短大に必要な学費、100万円から130万円程度を2年分で済ませることが可能となります。
そのうえで、短大の場合、大学同様に一般教養も学ぶことができます。
栄養士としてスキルを磨くことも大切ですが、やはり、社会に出て働く際、一般教養は無駄にはなりません。
また、人間性などの教養に重点を置いている短大も多く、栄養士以外の学びの場も整えられている点が短大の大きな魅力となります。
もちろん、同じ2年で就職可能な専門学校も魅力的な学校です。
しかし、専門学校の場合、一般教養はなく、どちらかと言えば、実践的なカリキュラムとなっています。
そのほうが、就職した際、即戦力として働くことができるとも考えられ、専門学校は専門学校の魅力があることも間違いありません。

まとめ

より深く学びたい、学生生活を謳歌したい人は大学へ。
より専門的な知識を取得したい、最短で栄養士となり働きたい、実習を多く行いたい、などといった人は専門学校へ。
そして、その中間が希望という人は、是非、短大への進学を検討されてみてはいかがでしょうか。
短大の場合、栄養士だけではなく、様々な学科も用意されており、それらの学科の学生ともコミュニケーションをとることができ人脈を広げることも可能です。
そして、それらの人脈は、きっと、栄養士として社会に出たとき、助けとなる人々になること思います。


東京の栄養士学校ランキング

織田栄養専門学校

武蔵野栄養専門学校

華学園栄養専門学校

人気の理由
  • ・就職率100%へのサポート体制
  • ・豊富なカリキュラム
  • ・充実の施設・設備
学科 年間学費
栄養士科 ¥1,300,000
管理栄養士科 ¥1,430,000
この投稿をInstagramで見る

栄養士科2年 臨床栄養学実習

華学園栄養専門学校(@hanaeiyou)がシェアした投稿 -

当サイトに掲載内容について万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一、本サイトの提供情報の内容に誤り等があった場合でも、当サイトを利用することで被った損害について、当社は一切の責任を負いません。また、おすすめやランキングについてWEBアンケート調査(2020年4月実施)による結果であり、特定の会社やサービス、店舗について推薦したり効果を保証するものではありません。

トップページへ

カテゴリ

栄養士の専門学校について

栄養士コラム

卒業後の就職先

口コミ・評判

運営者情報 お問い合せ サイトマップ

比較ランキングはこちら
≫東京の栄養士専門学校ランキングはこちら≪