東京の栄養士専門学校ランキング≪口コミ・評判≫
東京の栄養士専門学校ランキング > 栄養士コラム > 手段給食に欠かせない給食管理

手段給食に欠かせない給食管理


ランキングはこちら

給食管理とは

幼稚園などの保育施設、小学校、中学校などの昼食は、完全給食制を採用していることが多いです。

多くの子どもたちがみんなで食事をすることになりますので、調理をする側としてもしっかり考慮しなければいけません。

集団食中毒などのリスクが少なからずありますからね。

そこで、取り入れられているのが給食管理。

栄養の供給が考慮されたメニューづくりだけでなく、衛生面にも重視されたシステムを計画的に実施することです。

担当の調理師や栄養士が常に意識していることですので、子どもたちも安全性が高い昼食をとることができます。

集団給食に欠かせない部分と言えるのではないでしょうか。

トータルシステムとは

給食経営管理の考え方には、トータルシステムがあります。

給食経営における各種管理業務の統合システムのことです。

主に、栄養・食事管理、食材管理、生産調理管理、提供管理、安全・衛生管理、品質管理の6項目。実際の給食に関与する部分になります。

ここで不手際が出ると、食べる側にも栄養しますので、しっかり管理しなければいけない部分です。

多くの子どもたちに食事を提供する際、重要なシステムになりますので、管理者も経験豊富で任せられる人材が担当することになります。

給食における経営評価管理のサイクルの中でも中心的な位置づけです。

サブシステムとは

給食管理は、トータルシステムがしっかり機能していることが大切です。

しかし、すべてを補えるわけではありません。

給食経営における各種管理業務では、実際の給食に関与していない部分もあります。

組織・人事管理、施設・設備管理、会計・原価管理、情報処理管理など。

子どもたちが食事をすることはかけ離れていますが、給食経営に問題は発生するケースも少なくありません。

これらを管理するのがサブシステムの役割。トータルシステムとの統合により、給食管理がより強固なものになるはず。

子どもたちが安心して食事をすることができる環境が整うことでしょう。


通信講座で『調理師の資格を取得』できるって知ってました?

ユーキャンの調理師資格取得講座

【お届けする教材】
メインテキスト:6冊
副教材:パワーアップ問題集、食中毒早覚えシート、ガイドブック、添削関係書類、その他
内容・仕様は変更になる場合があります。
添削:あり 4回(模擬試験1回を含む)
質問:あり(1日3問までとさせていただきます)
標準学習期間:6ヵ月(受講開始から12ヵ月まで指導します)

一括払い 44,000円
合格率は約60%!
テキスト学習を中心に、わずか6ヵ月で合格を目指せるカリキュラム。
スキマ時間の上手な活用が合格への近道です!

受験資格には『2年以上の調理業務経験』が必要ですが、パートやアルバイトの 方でも週4日以上かつ1日6時間以上勤務していればOK!

また、過去に働いていた飲食店の実務経験を『合算して2年以上』であれば問題ありません!

トップページへ

カテゴリ

栄養士の専門学校について

栄養士コラム

卒業後の就職先

口コミ・評判

運営者情報 お問い合せ サイトマップ