東京の栄養士専門学校ランキング≪口コミ・評判≫
東京の栄養士専門学校ランキング > 栄養士コラム > 幼児食アドバイザー取得のための基礎知識

幼児食アドバイザー取得のための基礎知識


ランキングはこちら

幼児食アドバイザーとは?

1歳から6歳までの時期は、身体的に成長しやすいため、食生活が重要になってきます。

栄養摂取は欠かせないといっても過言ではないでしょう。

しかし、子どもたちには知識があるわけではありませんので、誰かがサポートする必要があります。

そのサポートする役割を果たすのが幼児食アドバイザーです。

栄養学や生理学の基礎をしっかり学び、発育ステップごとにさまざまなアドバイスができる専門家ですので、幼児期の成長に欠かせない存在になります。

また、生活リズムのあり方などの知識を持っており、子どもたちが規則正しい生活を送れるようになるのではないでしょうか。

幼児食アドバイザーを取得するには?

幼児期の子どもたちの成長をサポートしたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

実際に幼児食アドバイザーを取得される方も増えてきています。

どのように取得できるのか気になるところですよね。

一般社団法人の母子栄養協会で講座を受け、自宅で調理課題と筆記試験を行い、合格すると取得することができます。

その他には、東京カルチャーセンターの通信教育を受け、添削課題に合格するという方法も。

自分に合っている方法を選んで取得することができます。

しかし、どちらとも有料になりますので、その辺りも考慮して選ぶようにしましょう。

どのようなメリットがあるの?

幼児食アドバイザーを取得する前に栄養学や生理学の基礎をしっかり学びますので、子どもの身体的は成長と適正な食事が分かるようになります。

そのため、子ども一人ひとりに合わせた幼児食がつくれるようになり、生活にも活かせるようになるでしょう。

子育てをするようになったときでも、子どもに対して幼児食をつくれるようになりますので、成長をサポートしていけるようになります。

また、食物アレルギーが出た際、どのように対応すればいいのか分かるようになります。

食物アレルギーが出やすい子どもも多いため、この点もメリットになるでしょう。


通信講座で『調理師の資格を取得』できるって知ってました?

ユーキャンの調理師資格取得講座

【お届けする教材】
メインテキスト:6冊
副教材:パワーアップ問題集、食中毒早覚えシート、ガイドブック、添削関係書類、その他
内容・仕様は変更になる場合があります。
添削:あり 4回(模擬試験1回を含む)
質問:あり(1日3問までとさせていただきます)
標準学習期間:6ヵ月(受講開始から12ヵ月まで指導します)

一括払い 44,000円
合格率は約60%!
テキスト学習を中心に、わずか6ヵ月で合格を目指せるカリキュラム。
スキマ時間の上手な活用が合格への近道です!

受験資格には『2年以上の調理業務経験』が必要ですが、パートやアルバイトの 方でも週4日以上かつ1日6時間以上勤務していればOK!

また、過去に働いていた飲食店の実務経験を『合算して2年以上』であれば問題ありません!

トップページへ

カテゴリ

栄養士の専門学校について

栄養士コラム

卒業後の就職先

口コミ・評判

運営者情報 お問い合せ サイトマップ