東京の栄養士専門学校ランキング≪口コミ・評判≫
東京の栄養士専門学校ランキング > 栄養士コラム > 大切!からだを温める食べ物・冷やす食べ物を知ろう

大切!からだを温める食べ物・冷やす食べ物を知ろう


ランキングはこちら

からだを温める食べ物・冷やす食べ物を知ろう

食べ物でからだを温めたり冷やすことができます。
最近はビニールハウスや様々な技術を使って一年中同じ食べ物を摂取することができますが、それぞれの食べ物には特徴があって、夏に食べたら良いものや、冬に食べたら良いものがあります。

どのようにして、からだを温める食べ物と冷やす食べ物を知ることができるのでしょうか?
基本的にどのような地域で栽培されるかということを考えておくと理解することができます。

例えば温かい地域で収穫される作物は体を冷やすものが多いです。
ですから南の島で採れるような果物には体を冷やす効果があります。

さらに、寒いところで収穫される食べ物は体を温める効果があります。
地域ごとに特徴が分かれているので、そこで見分けるという方法が一番手っ取り早いです。

その他にも、根菜は基本的に体を温めやすいということも覚えておくことができます。
これもやはり寒い場所で収穫されることが多いです。

いもの柔らかいもので分けることもできる

完全に全ての食べ物に当てはまるわけではありませんが、基本的に固い食べ物は体を温める場合が多いです。
例えば、根菜というカテゴリにも分けることができますが、かぶや大根などは体を温めます。
その他にもごぼうなども固い食べ物なので、体を温める作用があります。

反対に柔らかいもの、例えば生野菜などは体を冷やす可能性が高いです。
きゅうりや緑黄色野菜の中でも柔らかいものは体を冷やす場合が多いです。
その他にも、バナナやパンなど柔らかい食べ物では体を冷やす可能性が高いです。
その他コーヒーや清涼飲料水等も、体を冷やす代表的な食べ物とされています。

基本的には冷え性の人は体を温めて食べるものを摂取した方が良いですし、夏は体を冷やす食べ物がお勧めです。
それぞれの食べ物の特徴を知っておくことで、体調に合わせて何を食べるかということを判断できます。
食べ物は体調に直接影響しますので十分に注意しましょう。


通信講座で『調理師の資格を取得』できるって知ってました?

ユーキャンの調理師資格取得講座

【お届けする教材】
メインテキスト:6冊
副教材:パワーアップ問題集、食中毒早覚えシート、ガイドブック、添削関係書類、その他
内容・仕様は変更になる場合があります。
添削:あり 4回(模擬試験1回を含む)
質問:あり(1日3問までとさせていただきます)
標準学習期間:6ヵ月(受講開始から12ヵ月まで指導します)

一括払い 44,000円
合格率は約60%!
テキスト学習を中心に、わずか6ヵ月で合格を目指せるカリキュラム。
スキマ時間の上手な活用が合格への近道です!

受験資格には『2年以上の調理業務経験』が必要ですが、パートやアルバイトの 方でも週4日以上かつ1日6時間以上勤務していればOK!

また、過去に働いていた飲食店の実務経験を『合算して2年以上』であれば問題ありません!

トップページへ

カテゴリ

栄養士の専門学校について

栄養士コラム

卒業後の就職先

口コミ・評判

運営者情報 お問い合せ サイトマップ