東京の栄養士専門学校ランキング≪口コミ・評判≫

食生活アドバイザーを調査


ランキングはこちら

食生活アドバイザーを調査

食生活アドバイザーは食生活全般のスペシャリストのことで、食べることと生活することの二つの視点から考えるアドバイザーのことをいいます。
現代の日本では食文化の多様化によって社会全体で食生活を改善することが必要だと言われています。
そのため、FLAネットワーク協会を中心とした食と生活にかかわるさまざまな分野での活躍ができる資格として登場したものです。

食生活アドバイザーは、食品メーカー・飲食店・小売店・学校などの行政機関・病院などの医療機関・福祉施設などの食にかかわる立場で活躍の場があります。
スーパーの食品売り場でも、美味しい食べ方や旬の紹介などができ、家庭においても賢い消費者として食材をしっかりと見極めて選び、家族の健康管理を行うことに貢献する資格です。

受験資格などは特にないので、食生活に興味のある方なら誰でも受験することができます。
資格は3級・2級があり、どちらも年2回ほど試験が行われています。
試験会場はほぼ日本全国にありますが、受験料が3級:4700円、2級:7300円、2級と3級の併願だと12000円かかります。

食生活アドバイザーの資格の有効活用方法とは?

食生活アドバイザーの資格は、一見すると食生活と離れたところではあまり関係ないように感じますが効果的に活用するには介護士と食生活アドバイザー、調理師と食生活アドバイザーといったように組み合わせることが良く、その他栄養士、販売士、アスレチックトレーナー、保育士、教師などもおすすめできる資格です。

この他にも食や人に関わる職業の方なら、社員食堂の調理、仕出し弁当関係などの方も有効活用できるといえます。
今後の高齢化社会を考えていくことや、栄養バランスや栄養の取り方などを考えていくと、食生活アドバイザーは必要なもので、重要な知識を習得できる資格だといえます。

日常生活の中での食生活についてもしっかりと考えていく上では、個人でも取得することがおすすめです。


通信講座で『調理師の資格を取得』できるって知ってました?

ユーキャンの調理師資格取得講座

【お届けする教材】
メインテキスト:6冊
副教材:パワーアップ問題集、食中毒早覚えシート、ガイドブック、添削関係書類、その他
内容・仕様は変更になる場合があります。
添削:あり 4回(模擬試験1回を含む)
質問:あり(1日3問までとさせていただきます)
標準学習期間:6ヵ月(受講開始から12ヵ月まで指導します)

一括払い 44,000円
合格率は約60%!
テキスト学習を中心に、わずか6ヵ月で合格を目指せるカリキュラム。
スキマ時間の上手な活用が合格への近道です!

受験資格には『2年以上の調理業務経験』が必要ですが、パートやアルバイトの 方でも週4日以上かつ1日6時間以上勤務していればOK!

また、過去に働いていた飲食店の実務経験を『合算して2年以上』であれば問題ありません!

トップページへ

カテゴリ

栄養士の専門学校について

栄養士コラム

卒業後の就職先

口コミ・評判

運営者情報 お問い合せ サイトマップ