東京の栄養士専門学校ランキング≪口コミ・評判≫
東京の栄養士専門学校ランキング > 栄養士の専門学校について > 管理栄養士、栄養士の献立作成の勉強法とは

管理栄養士、栄養士の献立作成の勉強法とは


ランキングはこちら

管理栄養士、栄養士の献立作成の勉強法とは

管理栄養士、栄養士の仕事として、献立作成は身近なものというイメージがありますが、栄養士なら献立が建てられることは基本としてみなすことが多いです。
献立作成時は、主食・主菜・副菜(温料理・冷料理)・果物または牛乳などのおやつを基本として、1週間のうち主食がごはんか麺かパンかなどを決めて勉強していくとわかりやすいです。

はじめからすべての献立をうまく調整できることは望まずに、実際に自分が立てた献立を作って食べてみるなども、良い勉強法になります。
そうすることで主食のごはんや麺などとのバランスがわかり、副菜のうち温かいものが多いか少ないかなども把握できるようになります。

これらの献立について自分なりのルールを決めておくと、それに沿って献立を立てられるようになるので、ある程度把握できたらルールを作成することもおすすめです。
例えば給食の場合でいえば、1週間のうち主食は基本ご飯だが、パンと麺の日を1日ずつ入れる、といった感じで工夫するようにします。

季節の食材はどうするのか

管理栄養士・栄養士が献立作成の勉強をするときに、少し考えてほしいのが季節の食材についてです。
基本的に季節の食材は使うようにして、旬を味わう習慣や旬の食材の調理方法も工夫するようにするとさまざまなメニューの幅が広がります。

管理栄養士・栄養士の中には、季節ごとの旬がわからない人も増えています。
そういった意味では季節の食材は取り入れる方が、自分自身のためにもなります。
季節の食材はシーズンによっては高いときと安いときがありますが、高いときは少量加える、安いときは数回使うなど、予算との兼ね合いも考えて普段使いの食材と差し替えることも良いでしょう。

同時に地域の食材を取り入れることもおすすめで、地域の特産品なども時折利用すると、地域の活性化などにつながります。
さまざまな工夫により、献立は非常に豊かなものになります。


通信講座で『調理師の資格を取得』できるって知ってました?

ユーキャンの調理師資格取得講座

【お届けする教材】
メインテキスト:6冊
副教材:パワーアップ問題集、食中毒早覚えシート、ガイドブック、添削関係書類、その他
内容・仕様は変更になる場合があります。
添削:あり 4回(模擬試験1回を含む)
質問:あり(1日3問までとさせていただきます)
標準学習期間:6ヵ月(受講開始から12ヵ月まで指導します)

一括払い 44,000円
合格率は約60%!
テキスト学習を中心に、わずか6ヵ月で合格を目指せるカリキュラム。
スキマ時間の上手な活用が合格への近道です!

受験資格には『2年以上の調理業務経験』が必要ですが、パートやアルバイトの 方でも週4日以上かつ1日6時間以上勤務していればOK!

また、過去に働いていた飲食店の実務経験を『合算して2年以上』であれば問題ありません!

トップページへ

カテゴリ

栄養士の専門学校について

栄養士コラム

卒業後の就職先

口コミ・評判

運営者情報 お問い合せ サイトマップ