東京の栄養士専門学校ランキング≪口コミ・評判≫

栄養士専門学校の校則について


ランキングはこちら

身だしなみは最重要

栄養士として働く職場では、調理をする事が非常に多いです。
非常に多いというより、調理こそがメインと言っても良いくらいで、様々な食材を使用して栄養バランスの取れた食事を作るのが栄養士の代表的な仕事なのです。

その栄養士になるための専門学校では、そういった調理場を出入りする際のマナーについても厳しく教えており、アクセサリーや髪型、爪の長さなどの身だしなみについては神経質なくらい厳重な規制を設けています。

不衛生は調理の敵

栄養士の仕事の中でもメインの一つである調理。
栄養士を養成する専門学校では、調理場に入る際にアクセサリーや長爪だった場合は調理場に入れないという厳しい罰則を校則に設けている所が多くあります。

そういった不衛生な格好は、食育や栄養コンサルタントとして栄養についてアドバイスを行なう栄養士にふさわしくないため、男女の性別を問わずに厳しく対処するようになっているのです。

この他にも、調理実習中は三角巾や帽子などで髪を完全に覆うといった措置を校則で設けている学校も多く、栄養に対する知識だけでなく、衛生的な面でも厳格な態度で臨んでいるのが栄養士を養成する施設の当たり前の姿となっているのです。

男性のヒゲについて

身だしなみと言えば、最近ではファッションでヒゲを生やしている男性が多いですが、これも栄養士になるための勉強をする上ではNGとなっています。

万が一ヒゲが調理中の食材の中に混入されてしまったらいけないので、何かで覆う事をしない部位に関しては、基本的に全て綺麗にしておく必要がります。

ヒゲや髪の毛の長さについては厳しい校則を設けている所が多いですが、染髪に関してだけは禁止されている所は少ないようです。

ただ、病院や介護施設のような場所では、あまり奇抜な格好では働く事が出来ませんので、基本的には他人に悪印象を与えない格好で仕事をする事が望ましいと言えます。

織田栄養専門学校の即戦力になれる授業がすごい

織田栄養専門学校では、実践力重視のカリキュラム、充実した設備と環境、きめ細やかな学習サポート体制を整えてくれています

サポート授業では苦手科目を克服できるので就職時には即戦力になれること間違いなしです。

織田栄養専門学校のオープンキャンパスは何度でも参加OKなので、納得いくまで体験可能となっているので、本気で栄養士を目指す方は一度参加することをおすすめします。


通信講座で『調理師の資格を取得』できるって知ってました?

ユーキャンの調理師資格取得講座

【お届けする教材】
メインテキスト:6冊
副教材:パワーアップ問題集、食中毒早覚えシート、ガイドブック、添削関係書類、その他
内容・仕様は変更になる場合があります。
添削:あり 4回(模擬試験1回を含む)
質問:あり(1日3問までとさせていただきます)
標準学習期間:6ヵ月(受講開始から12ヵ月まで指導します)

一括払い 44,000円
合格率は約60%!
テキスト学習を中心に、わずか6ヵ月で合格を目指せるカリキュラム。
スキマ時間の上手な活用が合格への近道です!

受験資格には『2年以上の調理業務経験』が必要ですが、パートやアルバイトの 方でも週4日以上かつ1日6時間以上勤務していればOK!

また、過去に働いていた飲食店の実務経験を『合算して2年以上』であれば問題ありません!

トップページへ

カテゴリ

栄養士の専門学校について

栄養士コラム

卒業後の就職先

口コミ・評判

運営者情報 お問い合せ サイトマップ