東京の栄養士専門学校ランキング≪口コミ・評判≫
東京の栄養士専門学校ランキング > 栄養士の専門学校について > 栄養士の専門学校の奨学金について

栄養士の専門学校の奨学金について


ランキングはこちら

栄養士になるためにはお金が掛る

学校や介護施設、スポーツクラブ、その他様々な企業を始めとしてありとあらゆる場所で必要とされている栄養士は、その社会でのニーズの高さから“不況に影響されない資格”と呼ばれています。
そういった事から、今後のために栄養士の資格を取得しておこうと考える人は多く、栄養士を養成する専門学校は非常に人気の高い専門学校となっています。

確かに栄養士はニーズの高い資格ですが、その資格を得るためにはかなり専門的な知識の習得が必要となります。
さらに、それ以上の現実的な問題として、栄養士を養成する専門学校で学ぶには、決して安くない学費が必要となるのです。

奨学金を利用して学校に通う

栄養士養成のための専門学校の学費相場は、約100万円~150万円が基本のラインとなっています。
この金額はポンと簡単に出せるレベルの金額ではないので、栄養士の資格を得るためには、かなり覚悟を決めた上で入学を決断する必要があります。

しかし、この学費を全額ではなく、割安の価格で済ます事も出来ます。
それは、奨学金を利用する方法です。

栄養士の資格を得るための専門学校では、ほとんどの所で奨学金制度を用意しています。
当然、希望者全員に対して奨学金を与えているわけではないので、奨学金を希望するのであれば、それ相応の審査をパスする必要があります。
だからと言って応募する前からあきらめたりせず、奨学金の募集が掛ったら、ダメでもともとの精神でまずは応募してみると良いです。

奨学金の基準は様々

栄養士養成の専門学校が設けている奨学金制度は、その学校によって基準が異なります。
さらに、免除される金額やサポートしてもらえる援助額も異なりますので、自分が希望する専門学校がどういった内容の奨学金制度を設けているのかをきちんと確認した上で応募する必要があるのです。


通信講座で『調理師の資格を取得』できるって知ってました?

ユーキャンの調理師資格取得講座

【お届けする教材】
メインテキスト:6冊
副教材:パワーアップ問題集、食中毒早覚えシート、ガイドブック、添削関係書類、その他
内容・仕様は変更になる場合があります。
添削:あり 4回(模擬試験1回を含む)
質問:あり(1日3問までとさせていただきます)
標準学習期間:6ヵ月(受講開始から12ヵ月まで指導します)

一括払い 44,000円
合格率は約60%!
テキスト学習を中心に、わずか6ヵ月で合格を目指せるカリキュラム。
スキマ時間の上手な活用が合格への近道です!

受験資格には『2年以上の調理業務経験』が必要ですが、パートやアルバイトの 方でも週4日以上かつ1日6時間以上勤務していればOK!

また、過去に働いていた飲食店の実務経験を『合算して2年以上』であれば問題ありません!

トップページへ

カテゴリ

栄養士の専門学校について

栄養士コラム

卒業後の就職先

口コミ・評判

運営者情報 お問い合せ サイトマップ