東京の栄養士専門学校ランキング≪口コミ・評判≫

就職率はどの程度


ランキングはこちら

栄養士の専門学校の就職率

老若男女を問わず、栄養士の資格を得ようと奮闘している人は多いです。
しかし、数年がかりの苦労の末、実際に栄養士の資格を取得したとしても、果たしてすぐさま栄養士として働く事は出来るのでしょうか?

栄養士を養成している専門学校では、資格を取得した卒業生に対しての就職先の斡旋も行なっています。
ほとんどの専門学校には、実社会で栄養士を必要としている施設や企業と関わりを持っており、多くの就職先を紹介出来る態勢が整っている事の方が多いです。
そのため、そういった専門学校の就職率は非常に高く、多くの所で90%~95%、中には100%という驚異の就職率を誇っている専門学校も存在しています。

栄養士のニーズはとても高い

現在の日本では、栄養士を目指す人の数が多い分、栄養士を必要とする所も非常に多くなっています。

子供の成長を助けるための学校給食を作る給食センターを始めとした教育機関のほか、企業や医療施設、さらには効率の良いシェイプアップ方法やダイエット方法をアドバイスする事が出来る事からフィットネスクラブでのニーズも高まっています。

さらに、今や日本中の全ての街に有ると言っても過言では無いドラッグストアでは栄養士をスタッフとして常駐させる必要があるため、そういった所も就職先としての役割を果たしてくれています。

卒業後もサポートしてくれる

栄養士を必要とする場所であれば、基本的にはどんな所とでも繋がっている栄養士養成専門学校。
その専門学校の多くは、卒業後の生徒からの相談窓口も設けている所が多く、一度栄養士として働いたものの離職し、再び栄養士として働こうというUターン就職を希望している卒業生に関しても就職先を斡旋している事が多いです。

こういった事からも分かるように、栄養士の専門学校は紹介出来る就職先が非常に多いため、就職率については心配する必要がありません。


通信講座で『調理師の資格を取得』できるって知ってました?

ユーキャンの調理師資格取得講座

【お届けする教材】
メインテキスト:6冊
副教材:パワーアップ問題集、食中毒早覚えシート、ガイドブック、添削関係書類、その他
内容・仕様は変更になる場合があります。
添削:あり 4回(模擬試験1回を含む)
質問:あり(1日3問までとさせていただきます)
標準学習期間:6ヵ月(受講開始から12ヵ月まで指導します)

一括払い 44,000円
合格率は約60%!
テキスト学習を中心に、わずか6ヵ月で合格を目指せるカリキュラム。
スキマ時間の上手な活用が合格への近道です!

受験資格には『2年以上の調理業務経験』が必要ですが、パートやアルバイトの 方でも週4日以上かつ1日6時間以上勤務していればOK!

また、過去に働いていた飲食店の実務経験を『合算して2年以上』であれば問題ありません!

トップページへ

カテゴリ

栄養士の専門学校について

栄養士コラム

卒業後の就職先

口コミ・評判

運営者情報 お問い合せ サイトマップ