東京の栄養士専門学校ランキング≪口コミ・評判≫

女子栄養大学短期大学について


ランキングはこちら

女子栄養大学短期大学について

女子栄養大学短期大学は、栄養士や食生活指導士を目指す方にぴったりの大学で、夜間もあることが特徴的です。
特に栄養士を目指す方にとっては重要なステップで、栄養士を経て管理栄養士になるためにも、必要な勉強ができます。

栄養士・管理栄養士以外では、栄養教諭一種、食品衛生管理者、食品衛生監視員、家庭科理技能検定なども取得できるため、活用の範囲が広いといえます。
こうした栄養士関係の資格のほかには、フードコーディネーター関連の資格が取得できます。
例えば、フードコーディネーター、フードスペシャリスト、調理師、ラッピングクリエーター、食生活指導士といったものがあります。

こうした資格取得は若干のジャンルが違うだけで、大きく進むべき道が分かれています。
フードコーディネーターなどは、栄養管理というよりは、レストランなどのメニュー構成に関係が深く、栄養士はメニュー構成といっても医療機関や学校で需要が高いです。

進路を考えた資格取得がベスト

将来自分がどんな仕事をしたいのか、それによっては同じ大学に入学しても、選考する学部が異なります。
女子栄養大学短期大学は、医療機関や学校などで栄養士になりたいのか、パティシエや調理に関わりたいのか、食品会社や外食企業で働きたいのかによって、資格取得の内容にも変化が生じるといえます。

大学に進学したのは良いが、まだよく進路が決まっていないということにならないように、事前にどんな進路に進みたいのかを考えておくことが重要です。
ぼやけた目標よりも、明確な方がしっかりと地に足を付けて進むことができます。
はじめから栄養士を目指すなら、その資格取得に向けた勉強ができるため、効率的に進められるといえます。

進路を考えた資格取得と進路に関する情報収集は、自分の将来のために非常に大きな関りがあります。
そのためには目標をしっかり定めることが重要だといえます。


通信講座で『調理師の資格を取得』できるって知ってました?

ユーキャンの調理師資格取得講座

【お届けする教材】
メインテキスト:6冊
副教材:パワーアップ問題集、食中毒早覚えシート、ガイドブック、添削関係書類、その他
内容・仕様は変更になる場合があります。
添削:あり 4回(模擬試験1回を含む)
質問:あり(1日3問までとさせていただきます)
標準学習期間:6ヵ月(受講開始から12ヵ月まで指導します)

一括払い 44,000円
合格率は約60%!
テキスト学習を中心に、わずか6ヵ月で合格を目指せるカリキュラム。
スキマ時間の上手な活用が合格への近道です!

受験資格には『2年以上の調理業務経験』が必要ですが、パートやアルバイトの 方でも週4日以上かつ1日6時間以上勤務していればOK!

また、過去に働いていた飲食店の実務経験を『合算して2年以上』であれば問題ありません!

トップページへ

カテゴリ

栄養士の専門学校について

栄養士コラム

卒業後の就職先

口コミ・評判

運営者情報 お問い合せ サイトマップ