東京の栄養士専門学校ランキング≪口コミ・評判≫
東京の栄養士専門学校ランキング > 栄養士の専門学校について > 働きながら栄養士の専門学校に通えるのか

働きながら栄養士の専門学校に通えるのか


ランキングはこちら

栄養士は何歳からでも目指す事が出来る

学校などの教育機関をはじめ、企業やスポーツクラブ、さらには介護施設や総合病院といった大規模な医療関係の現場でも働く事が出来るのが栄養士です。

その栄養士になるには栄養学を基本として様々な専門の知識を習得し、食材の効果的な調理方法や栄養バランスの組み立て方といった技術を身に付ける必要があります。

栄養士である事の証となる栄養士免許の取得は専門の養成施設に入学して試験をパスする必要があるのですが、この入学には年齢制限が無いので、誰もが目指す事が出来る資格となっているのです。

栄養士と管理栄養士は違う

20代でも、40代になってからでも目指す事が出来る栄養士ですが、働く事が出来る資格としては、“栄養士”よりも“管理栄養士”の方が多いです。

栄養士は、厚生労働大臣が指定する専門の養成施設で知識と技術を取得すれば誰もがなれる資格ですが、管理栄養士の方は国家資格ですので、栄養士になるよりも長い期間の勉強と更に専門的な施設への入学が必須となっています。

栄養士であれば働きながらでも学ぶ事は簡単ですが、管理栄養士の場合は働きながら学ぶのはかなり難しいと言えます。
4年制の専門学校で高度な栄養学の知識などをしっかりと身に付けなくてはいけない管理栄養士の養成施設は、別の仕事と並行しながら通うのは非常に困難な事なのです。

忙しい人は夜間部を活用すると良い

働きながら管理栄養士の資格を取得するのは大変ですが、それでもやっぱり資格が欲しい!という人は、夜間制のカリキュラムを設けている養成施設を利用すると良いです。

中年世代以上で管理栄養士の資格を目指す人も多いので、そういった人達に向けて、多くの養成施設が夜間部を設けています。
昼間は働いて、夜は管理栄養士になるための勉強をするという生活を送っている人は日本中に数多くいるのです。

織田栄養専門学校の即戦力になれる授業がすごい

織田栄養専門学校では、実践力重視のカリキュラム、充実した設備と環境、きめ細やかな学習サポート体制を整えてくれています

サポート授業では苦手科目を克服できるので就職時には即戦力になれること間違いなしです。

織田栄養専門学校のオープンキャンパスは何度でも参加OKなので、納得いくまで体験可能となっているので、本気で栄養士を目指す方は一度参加することをおすすめします。


東京の栄養士学校ランキング

織田栄養専門学校

武蔵野栄養専門学校

華学園栄養専門学校

人気の理由
  • ・就職率100%へのサポート体制
  • ・豊富なカリキュラム
  • ・充実の施設・設備
学科 年間学費
栄養士科 ¥1,300,000
管理栄養士科 ¥1,430,000
この投稿をInstagramで見る

栄養士科2年 臨床栄養学実習

華学園栄養専門学校(@hanaeiyou)がシェアした投稿 -

当サイトに掲載内容について万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一、本サイトの提供情報の内容に誤り等があった場合でも、当サイトを利用することで被った損害について、当社は一切の責任を負いません。また、おすすめやランキングについてWEBアンケート調査(2020年4月実施)による結果であり、特定の会社やサービス、店舗について推薦したり効果を保証するものではありません。

トップページへ

カテゴリ

栄養士の専門学校について

栄養士コラム

卒業後の就職先

口コミ・評判

運営者情報 お問い合せ サイトマップ

比較ランキングはこちら
≫東京の栄養士専門学校ランキングはこちら≪