東京の栄養士専門学校ランキング≪口コミ・評判≫

ヘルスケアアドバイザーについて


ランキングはこちら

ヘルスケアアドバイザーについて

ヘルスケアアドバイザーは、生活に必要なヘルスケア関連の幅広い知識を学び、慢性疾患の予防や改善のためにも役立つ情報提供者として、病気・薬・栄養・食事・運動・環境などの生活全般に関わる正しい知識を習得し的確で具体的なアドバイスができる人材育成のための資格です。
日本チェーンドラッグストア協会(JACDS)が実施している認定資格として知られています。

主にヘルスケアアドバイザーは、ドラッグストア・薬局・製薬会社などでの活躍が期待でき、現場に添った的確なアドバイスを行うことが求められています。
受験資格などは特にありませんが、日本チェーンドラッグストア協会会員の正会員、賛助会員、個人会員、または一般生活者が受験することができます。

試験方法や取得方法は、通信教育とDVDで勉強後、受験することになります。
年に2回ほど受講期間が設けられており、各試験を受験します。

ヘルスケアアドバイザーの仕事について

ヘルスケアアドバイザーの仕事はさまざまなものがあり、先に述べたようにドラッグストアや薬局などでの勤務を始め、病院内でのヘルスケアアドバイザーとして働く方法も選択できるといわれています。
これは病院の診療科や規模によっても異なりますが、近年では高齢化が進んでおり、ドクターの診察だけで満足できる方が少ないため、不安なことを相談できる窓口としてヘルスケアアドバイザーを置くことがあります。

人によってはドクターに直接言いにくいことや聞きにくいことがある方も、ワンクッション置く形で、ヘルスケアアドバイザーに相談しておけば、診察時間を延長することなく不安を解消したり、ドクターにはカルテ経由で相談ができるなどの効率化を図ることができます。

女性ならではのデリケートな話なども無料で相談できるので、ヘルスケアアドバイザーが常駐している病院やクリニックでは、気軽に相談してみることがおすすめです。


通信講座で『調理師の資格を取得』できるって知ってました?

ユーキャンの調理師資格取得講座

【お届けする教材】
メインテキスト:6冊
副教材:パワーアップ問題集、食中毒早覚えシート、ガイドブック、添削関係書類、その他
内容・仕様は変更になる場合があります。
添削:あり 4回(模擬試験1回を含む)
質問:あり(1日3問までとさせていただきます)
標準学習期間:6ヵ月(受講開始から12ヵ月まで指導します)

一括払い 44,000円
合格率は約60%!
テキスト学習を中心に、わずか6ヵ月で合格を目指せるカリキュラム。
スキマ時間の上手な活用が合格への近道です!

受験資格には『2年以上の調理業務経験』が必要ですが、パートやアルバイトの 方でも週4日以上かつ1日6時間以上勤務していればOK!

また、過去に働いていた飲食店の実務経験を『合算して2年以上』であれば問題ありません!

トップページへ

カテゴリ

栄養士の専門学校について

栄養士コラム

卒業後の就職先

口コミ・評判

運営者情報 お問い合せ サイトマップ