東京の栄養士専門学校ランキング≪口コミ・評判≫
東京の栄養士専門学校ランキング > 口コミ・評判 > 東京農業大学 応用生物科学部・栄養科学科 口コミ・評判

東京農業大学 応用生物科学部・栄養科学科 口コミ・評判


ランキングはこちら

東京農業大学について

1891年徳川育英会育英黌農業科が創立されたことがはじまりの東京農業大学。
東京都世田谷区にある世田谷キャンパスに応用生物科学部・生命科学部・地域環境学部・国際食料情報学部。
神奈川県厚木市にある厚木キャンパスに農学部。

北海道網走市にある北海道オホーツクキャンパスに生物産業学部があります。
食品会社に強い大学として有名で、上場企業(食品27社)実就職率ランキング私立大学1位。
国公立大学、私立大学を合わせた全体でも2位を誇ります。

東京農業大学 応用生物科学部・栄養科学科の特徴

世田谷キャンパスにある栄養科学科は、農と医の融合を科学する「管理栄養士」の育成に取り組み、卒業時には管理栄養士国家試験の受験資格を得ることが可能となります。

指定のカリキュラム以外にも食と農をつなぐ東京農業大学独自のカリキュラムが用意されており、調理学実習や食品加工学実習、実践的な臨床栄養学実習、給食経営管理実習などを行うものとなります。
もちろん、国家試験に向けた対策も行われており、国家試験の傾向や対策など卒業時に現役合格を目指す支援体制が整えられています。

取得可能な資格と主な就職先

栄養科学科では、管理栄養士の受験資格はもちろん、栄養士、食品衛生監視員、食品衛生管理者といった資格を取得することが可能です。

そのほか、高等学校教諭一種、中学校教諭一種の理科の教員免許も教職課程を履修することで可能となります。
就職先としては、東京都庁などといった公務員をはじめ、エームサービス、シダックスなどのサービス業、ココカラファインヘルスケア、トモズといった卸売業・小売業。
ヱスビー食品、キッコーマンソイフーズといった製造業 食料品、医療保険業が多くなります。
卒業後の進路としては、約90%が就職となり進学は7%ほどです。
また、職種別としては約40%が栄養士として働いています。


通信講座で『調理師の資格を取得』できるって知ってました?

ユーキャンの調理師資格取得講座

【お届けする教材】
メインテキスト:6冊
副教材:パワーアップ問題集、食中毒早覚えシート、ガイドブック、添削関係書類、その他
内容・仕様は変更になる場合があります。
添削:あり 4回(模擬試験1回を含む)
質問:あり(1日3問までとさせていただきます)
標準学習期間:6ヵ月(受講開始から12ヵ月まで指導します)

一括払い 44,000円
合格率は約60%!
テキスト学習を中心に、わずか6ヵ月で合格を目指せるカリキュラム。
スキマ時間の上手な活用が合格への近道です!

受験資格には『2年以上の調理業務経験』が必要ですが、パートやアルバイトの 方でも週4日以上かつ1日6時間以上勤務していればOK!

また、過去に働いていた飲食店の実務経験を『合算して2年以上』であれば問題ありません!

トップページへ

カテゴリ

栄養士の専門学校について

栄養士コラム

卒業後の就職先

口コミ・評判

運営者情報 お問い合せ サイトマップ