東京の栄養士専門学校ランキング≪口コミ・評判≫
東京の栄養士専門学校ランキング > 卒業後の就職先 > 調理師免許が求められている求人先人気5選

調理師免許が求められている求人先人気5選


ランキングはこちら

ホテル


求人サイトなどをチェックしていると「調理師募集」という求人をよく目にします。
飲食業界では慢性的な人手不足の状態が続いており、求人数は業界でもトップクラスです。

特に調理師免許を持つことで働き口は増えるでしょう。
調理師免許は料理の技術があることを示した資格であり、料理に関係した仕事であれば就活に関して有利に進めることが可能です。

調理師免許が求められる求人先はいくつもありますが、その1つにホテルがあります。
ここでは調理師免許が求められるホテルでの求人についてまとめてみましょう。

調理師としてホテルで働く

調理師免許取得者の多くは、外食産業での仕事に従事するケースが多いです。
シェフと呼ばれる仕事であり、ホテルのレストランなどで調理師の知識を生かしておいしい料理を利用者にふるまっています。
調理師がホテルで働く場合、ホテルの直営レストランで料理人、シェフとして働きます。

入社したばかりのころは、仕込みや雑用などを行うことが多いですが、長く続けて働けばメインの料理を任されるようにもなるでしょう。
また料理長として働けるチャンスもあります。

調理師としての腕を磨けるホテルの求人

働くホテルによっては複数の直営レストランを持っている場合もあるでしょう。
その場合、同じホテル内で様々な部署を経験することができるので、経験値アップにつながります。

また最初に和食、洋食などの分野を決めて働くばあいには、部署異動などはせずに同じレストランで働き続けるという場合もあります。
ホテルのレストランは高級な場所であり味はもちろんのこと、見た目の美しさなども求められます。

利用者にとっては素材、調理法、世界の料理に精通している調理師だからこそ作られる料理を楽しめる場所なのです。
調理師にとって存分に腕をふるまうことができるでしょう。

ホテルで調理師として働ければ料理の腕前はもちろんのこと、美的センスも磨くことができるので、経験として非常に有効です。

病院


調理師の求人は全国各地にあり、料理の腕前さえあればどこでも働くことが可能です。
特に調理師の資格がある人は、就職する上でその資格が強みになります。

調理師の資格は、調理師学校を卒業する、あるいは調理師の資格試験に合格することで取得が可能です。
ここでは調理師の資格を求められる求人先として「病院」をご紹介しましょう。

病院では調理師としての仕事とは?

病院と行くと医療従事者が働く場所というイメージが強いですが、調理師の求人もあります。
病院で働く場合には、調理師は入院患者の食事作りを担当します。

患者さんそれぞれの健康を考えた食事作りをしなければなりません。
また患者さんの症状に合わせて、調理方法も工夫する必要があります。

例えば、固形物を飲み込むことが困難な患者さんであれば、流動食を提供しなければなりません。
糖尿病患者さんであれば、糖分を控えた食事、調理法にします。

働く病院によっても異なりますが、調理師が担当するのは調理であり、メニュー決めに関しては管理栄養士が行うことが一般的でしょう。

病院としては調理師の仕事は働きやすい?

ホテルやレストランなどの飲食店で調理師として働く場合、どうしても残業が多くなったり、不規則な就業時間になることが多いでしょう。
一方、調理師として病院で働く場合には、残業なども基本的にはありません。

決められたメニューを、決められた量だけ作ることが仕事になりますので、働きやすい環境と言えるでしょう。
ただ料理人として自分でメニューを考えたり、趣向を凝らした料理を作ったりすることはできません。

自分で料理を考えて作りたいという方にはあまり向いていないかもしれません。
ただ患者さんから感謝されることも多く、やりがいのある仕事先であり、安定している求人先と言えるでしょう。

また病院以外に介護施設などでも調理師の求人は非常に多いです。
高齢化が進む現在、介護施設も増加しており、施設の増加に伴い、調理師も必要とされています。

介護施設や病院などで働く調理師は、朝食を作らなければならないので早朝出勤があります。
早朝は4~5時頃出勤して、お昼には仕事を終えて帰宅するという働き方もあるでしょう。

給食センター


調理師免許が必要な仕事は実は意外と多いです。
ではどのような職場が調理師免許を持っていると働くことができるのでしょうか?
ここでは調理師免許を生かすことができる給食センターでの調理師の仕事をまとめてみましょう。

給食センターで大量の食事を調理する調理師

学校給食を作る給食センターで働く調理師は多いです。
給食センターの募集は正社員であれば調理師免許の保持が求められます。

ただパートやアルバイトであれば、調理師免許がない場合でも採用してもらえるケースも多いです。
会社に所属している栄養士や調理師たちと相談しながら、日々の献立を決めて、栄養面・衛生面に細心の注意を払いながら調理をしていきます。

各市町村が運営している給食センター、学校内にある給食センター、企業の社員食堂などが働き口です。
大量の食事を調理しなければならないので、毎日大量の野菜をカットして、大鍋で料理を行います。

何人もの調理師が在籍しており、全ての仕事が分担されており、1人の調理師への負担が大きくなるということはありません。

給食センターの調理師は働きやすい?!

給食センターでの調理師求人は外食産業に比べると求人数は少なく、労働環境がいいため非常に人気があります。
週休2日制で、1日の労働時間は8時間と定められているので、女性の調理師にとっては働きやすいでしょう。

安定した給料がもらえる点も人気の理由の1つでしょう。
ただ給食センターの中でも学校内で給食を作る場合においては、待遇面などで違いがあります。
学校内に給食センターがあり、そこで働く場合には基本的には学生と同じ休み環境になります。

春休み、夏休み、冬休みなどは給食センターもお休みになりますので、小さいお子さんがいる女性は働きやすいでしょう。
休みが多いので自由度が高いので、働きやすい環境といえます。

レストランや料亭


調理師は仕事範囲が広く、いろいろな働き方できる職種と言えます。
調理師の資格を生かせる職場として「レストランや料亭」があります。

ここではレストランや料亭で働く調理師としての仕事についてまとめてみましょう。

レストランや料亭で働く調理師の待遇とは?

レストランや料亭など外食産業での仕事は、最も求人数が多い働き口と言えます。
レストランや料亭など私達の身近にあるお店で調理師の資格を生かしながらシェフとしておいしい料理を作ってくれるのです。

レストランや料亭などの外食産業の求人は非常にたくさんあるので、求人先を選ばなければすぐに働き口は見つかるでしょう。
実際の現場で働きながら、調理師免許の取得を目指す人も多く、料理業界に足を踏み入れる第一歩となる職場ともいえます。

厳しい労働環境が取り上げられることが多いですが、腕を認められれば高給取りになれる可能性はあります。
自分の頑張り次第で待遇がよくなったり、悪くなったりする職場です。

見習い時代には十分な給料がもらえる職場は少なく、最初は月収15~17万円程度ということが多いでしょう。

レストランや料亭で働く調理師の仕事内容とは?

レストランや料亭では料理人として働く調理師ですが、勤め先によっては業務内容が異なるので、和食、洋食、イタリアン、フレンチなどどのようなレストランで働くかによっても変わってきます。

和食の中でも焼き物が得意な調理師であれば、焼き物専属になる場合もあるでしょう。
ただ職場によってはオールマイティーに全てこなさなければいけないというケースもあります。

勤め先によって仕事内容は変わりますが、入社してすぐは修業期間になります。
修業期間は、包丁も握らせてもらえず、皿洗いなどの雑用や下処理などがほとんどです。

厳しい修業期間が終われば、ようやく1人前の料理人として働くことができるでしょう。

カフェ


調理師は国家資格であり、調理師の資格があることで就職でも有利に働く場合が多いでしょう。

調理師の資格は、調理系の仕事を探す人にとっては一つのゴールとも言えます。
ここでは調理師免許が求められる職場として「カフェ」での仕事についてまとめてみましょう。

調理師としてカフェで働く

近年ではカフェ人気に伴って、たくさんのカフェが出店されています。
そのカフェで調理師の求人が出ているケースは多いでしょう。

カフェで調理師として働く場合には、パティシエとしてケーキやデザートを作る場合が多いですが、ランチなど普通の食事を作る場合もあり、それぞれ働くお店によって違います。

カフェで働くと聞くと、おしゃれな場所で働けて羨ましいと周囲からは思われがちです。
確かにカフェは華やかでおしゃれなイメージがありますよね。

しかし実際には過酷な職場も多く、華やかでおしゃれなイメージだけでは働くのが大変ということもあるのです。
カフェで働く場合にも、レストランや料亭などと同じように下積みの修業期間からスタートしますので、雑用などをする場合も多いです。

また朝は誰よりも早く出勤しなければならなかったり、夜遅くまで働くこともあるでしょう。
特にカフェはランチタイムからディナータイムまで続けて営業することが多いです。

ランチタイムやディナータイムだけではなく、カフェタイムが忙しくなるので休む暇がありません。
また給料が安いお店も多く、給料と激務が見合っていないと、離職してしまう人も少なくないのです。

調理師としてカフェで働きたい人は、それなりの覚悟を持って激務でも頑張る必要があるでしょう。

カフェで働く調理師に求められるものとは?

カフェでは美味しさはもちろんのこと、見た目も重視されます。
特に最近ではフェイスブックやツイッター、インスタグラムなどのSNS映えする料理などを提供するカフェSNS上ですぐ話題となり、人気を集めます。

そのため、カフェでも味だけではなく、色使いや盛り付けなどにもこだわったメニューを作ることが多いのです。
カフェで働く調理師は高い料理の技術が必要であり、美的センスもなければいけないでしょう。

また向上心がある人が望ましいです。
新しいメニューをすぐに考案できるような、新しい発想を常に持っておくことが重要になります。


東京の栄養士学校ランキング

織田栄養専門学校

武蔵野栄養専門学校

華学園栄養専門学校

人気の理由
  • ・就職率100%へのサポート体制
  • ・豊富なカリキュラム
  • ・充実の施設・設備
学科 年間学費
栄養士科 ¥1,300,000
管理栄養士科 ¥1,430,000
この投稿をInstagramで見る

栄養士科2年 臨床栄養学実習

華学園栄養専門学校(@hanaeiyou)がシェアした投稿 -

当サイトに掲載内容について万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一、本サイトの提供情報の内容に誤り等があった場合でも、当サイトを利用することで被った損害について、当社は一切の責任を負いません。また、おすすめやランキングについてWEBアンケート調査(2020年4月実施)による結果であり、特定の会社やサービス、店舗について推薦したり効果を保証するものではありません。

トップページへ

カテゴリ

栄養士の専門学校について

栄養士コラム

卒業後の就職先

口コミ・評判

運営者情報 お問い合せ サイトマップ

比較ランキングはこちら
≫東京の栄養士専門学校ランキングはこちら≪