東京の栄養士専門学校ランキング≪口コミ・評判≫
東京の栄養士専門学校ランキング > 卒業後の就職先 > 栄養教諭のなり方と仕事内容と取得について

栄養教諭のなり方と仕事内容と取得について


ランキングはこちら

栄養教諭のなり方と仕事内容と取得について

栄養教諭は一種と二種があり、主に小中学校で、児童や生徒に食についての指導を行うことや、助言を行い、学校給食の管理を行うことが主な仕事内容です。
比較的まだ新しい制度で、立場としては教員ではないものの、教員として食に関する指導ができるようになりました。

この栄養教諭のなり方は、一種は大卒、二種は短大卒で、各学校で栄養教諭の免許が取れる学校を卒業し、教員採用試験を受けることで教員として働けるようになるといえます。
微妙ながらも栄養士とは大きな違いがあり、栄養士として学校で働く場合は、指導はできないと決められています。

栄養教諭には採用試験に合格次第でなることができ、栄養士同様に学校給食の管理や献立の作成、栄養管理、衛星管理、食材の管理などを行いつつ、食に関する指導を学級活動や総合学習の時間を利用して授業の中で行います。

これまでの短大や大学では、栄養士資格を取得できるところは多数ありますが、栄養教諭の免許を中心にしている学校はまだまだ少ないといえます。
そのため栄養士の資格のみ持っている方は、再度、栄養教諭の資格取得が可能な学校に再入学するか、科目の履修生になるなどして、対応が必要になります。

教員試験はどんなものなのか

栄養教諭になるには、栄養教諭の資格を持っているだけでは授業をすることは難しく、実際に教員試験を受けて採用される必要があります。
その教員試験には、内容は共通しているものの、各都道府県で異なるためそれぞれの地域に添った内容を学習する必要があるといえます。

教員試験は各都道府県で異なるために、レベルや難易度も把握しにくいと言われていますが、比較するとしたら管理栄養士国家資格に比べると、難易度は低いのではないかという説が一般的です。
合わせて栄養士としての理系の勉強・一般教養などの分野は、各都道府県の試験傾向や過去問などを解いて練習すると良いでしょう。


通信講座で『調理師の資格を取得』できるって知ってました?

ユーキャンの調理師資格取得講座

【お届けする教材】
メインテキスト:6冊
副教材:パワーアップ問題集、食中毒早覚えシート、ガイドブック、添削関係書類、その他
内容・仕様は変更になる場合があります。
添削:あり 4回(模擬試験1回を含む)
質問:あり(1日3問までとさせていただきます)
標準学習期間:6ヵ月(受講開始から12ヵ月まで指導します)

一括払い 44,000円
合格率は約60%!
テキスト学習を中心に、わずか6ヵ月で合格を目指せるカリキュラム。
スキマ時間の上手な活用が合格への近道です!

受験資格には『2年以上の調理業務経験』が必要ですが、パートやアルバイトの 方でも週4日以上かつ1日6時間以上勤務していればOK!

また、過去に働いていた飲食店の実務経験を『合算して2年以上』であれば問題ありません!

トップページへ

カテゴリ

栄養士の専門学校について

栄養士コラム

卒業後の就職先

口コミ・評判

運営者情報 お問い合せ サイトマップ